Monthly Archives: 12月 2014

Pebbleに日本語を表示させるカスタムファームウェア

電子ペーパー表示スマートフォンの Pebble を愛用しているのだが不満だったのが日本語を表示できないことだった。その不満を解消できる第一段階が「Pebble 日本語 (ひらがな, カタカナ) ファームウェア」が提供しているカスタムフォントを入れることでした。 これで、ショートメッセージ(SMS)の内容が表示できるようになって便利にはなったが、送信者名の日本語が表示されないことだった。それは Pebble のメモリーが少なくて、全てのフォントを格納できないためで、SMS本文で利用されている Gothic 18 のみ1,100文字しか入っていないため、Gothic 24 Bold で表示しているSMSの送信者名に日本語フォントが無いためだった。また、電話着信の表示でも該当フォントが無いため日本語は四角い箱が表示される状態だった。しかし、自分でカスタムファームウェアを作る知識がない… そうこうしているうちに Apple Watch が登場しそうだし… ■自分用の文字セットを入れたカスタムファームウェアが簡単に出来る! そんな Pebble日本語難民の救済主となる、自分が選択した日本語文字を格納したカスタムファームウェアを簡単に作ることが出来るWebサービスのサイトが登場したのだった。そのサイトが「FirmMaker Club」だ。 ■名前に使用される文字リストを作る とりあえず、iCloud の連絡先に登録されている氏名から、家族の分をリストに入れ、後は使用されている文字の頻度順に、合計100文字のリストを作った。 ■名前の部分に使用されているフォントを調査 四角い箱で表示される、SMSの送信者名と、電話の発信元名に称されているフォントが不明だったので、上記のサイトを利用して順に、氏名の漢字フォントを追加してはカミさんの iPhone からSMSの送信と電話呼び出しをして見ることを繰り返して、使用されるフォントを調べた。その結果は以下のとおり。 SMSの送信者名: Gothic 24 Bold 電話の発信元名: Gothic 28 Bold ■自分専用ファームウェアにセットした文字数 … Continue reading

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

IchigoJam の紹介と OS X で使う方法のまとめ

IchigoJamという小さなコンピュータの紹介をします。 私はMacintoshで利用していますので、内容は OS X 10.10.x (Yosemite) で利用する場合のちょっとしたノウハウを、自分の備忘録としてまとめておきます。Windows環境で使用する記事は多いのですが、Macで利用している人の役に立てばと思います。 Ichigojam について どんなもの? IchigoJamは、NXP社のLPC1114(FN28) というワンチップのARMマイコンに、数個の抵抗とコンデンサを付けただけの、とてもシンプルで廉価(1,500円程度)なコンピュータです。 → Ichigojamのサイト ARMマイコンの他には電源供給用のUSB端子のほか、ビデオ出力(NTSCコンポジット)の端子と、キーボード用(PS/2)コネクタ、3.3V生成用3端子レギュレータ、抵抗、コンデンサ、LEDだけです。上記のサイトからキット(ハンダ付け不要のブレッドボード版もあり)が販売されているので、そこから購入するのがお勧めです。 自作派の方なら、必要なパーツを集めて組み立て、ファームウェアをマイコンに書き込むことで、できあがります。(ファームウェアの書き込みにはUSB-Sirealアダプタか、ARMライター等が必要です。) 注:自作のIchigoJamは個人利用限定で、他の人に譲渡などをする場合はライセンスの購入が必要です。 下の写真はプリント基板バージョン(左上)、ブレッドボードバージョン(左下)、ユニバーサル基板バージョン(右下)と、自分で部品を集めて作ったオリジナル(右上)です。(プリント基盤バージョン以外の3つには、USB-Serialアダプターを付けています。) 他に必要なのは NTSC(コンポジット)入力端子があるテレビかビデオモニター(小型だと2,000円位から)- PS/2が使えるキーボード(1,000円位から) USBケーブル(USBポートからの電源供給) USBポートの有る充電アダプタ(ACから直接電源を取る場合) 自作する場合の情報リンク集 ピン配置シートとライセンス情報 http://fukuno.jig.jp/651 回路図(組み立て方) http://fukuno.jig.jp/671 部品表とファームウェア https://www.facebook.com/groups/ichigojam/files/ これだけで簡易なBASIC言語が動作するコンピュータになります。 IchigoJam BASIC IchigoJamのBASICは、変数名がアルファベット一文字のみだったり、配列が101個の数値が入る1個しか使えないなどの制約が有る一方、デジタル(一部アナログ)入力とデジタル出力の拡張がある独特のものです。 → IchigoJam BASIC リファレンス ([PDF版) 小さいけど凄い 単なるBASICマシンとしてだけでなく、色々な使い方ができるようになっています。 … Continue reading

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。